メンズスーツの着こなしをスマートに見せる10のポイント

男性のスーツスタイルに惹かれる女性は世の中にたくさんいます。
それならスーツをよりスタイリッシュに着こなせば、好感度アップ間違いなし!
というわけで、ここでは雑誌で見かけたデキる男に見せるスーツの着こなし方10のポイントを簡単に紹介していきます。
明日から早速取り入れて、ガラッとイメージを変えましょう!( ´∀`)b

メンズスーツ着こなし

スーツの着こなしポイントその1 ジャケットの着丈は半分がベスト

着丈短めが流行っていますが、子供っぽく見えがちです。ビジネスシーンにおいては、全身の半分くらいが綺麗に見えます。
 

スーツの着こなしポイントその2 衿のロールをチェック

スーツのクオリティは衿のロールで判断できます。上質なほど職人が立体的なカーブになるようアイロンがけされています。
 

スーツの着こなしポイントその3 ノットとシャツの隙間を空けない

ネクタイの結び目とシャツの隙間は0cmで。シャツの衿先はジャケットの衿に隠れるのが理想。
 

スーツの着こなしポイントその4 ジャストサイズを選ぶ

サイズがあってないと余計なシワができてだらしなくなります。できればオーダーメイドが理想。
 

スーツの着こなしポイントその5 シャツの裾

シャツの裾はジャケットの裾から1cmくらい見える長さが着こなしのルール。
 

スーツの着こなしポイントその6 ストライプ柄は目立たないものを選ぶ

おしゃれに見えるストライブ柄は人気の柄ですが、目立ち過ぎると下品に見えます。遠目にストライプがわからないくらいのものを選びましょう。
 

スーツの着こなしポイントその7 ネクタイの長さはベルトにかかるくらいで

ネクタイ大剣の長さはベルト幅の中心にくるのが完璧です。
 

スーツの着こなしポイントその8 スラックスの裾はハーフクッションで

パンツ丈はヒザ下で軽くクッションするくらいの長さに。アイロンがけは忘れずに。
 

スーツの着こなしポイントその9 ネクタイはイギリスのトラッドな柄を選ぶ

流行に左右されないイギリスのトラッド柄(無地・ドット柄・レジメンタルストライプ)を基本に。
 

スーツの着こなしポイントその10 ベルトと靴の色を合わせる

靴とベルトを合わせるだけで簡単に統一感が出せます。バッグも揃えるとなおグッド。

 

ヨーロッパでは父親やスーツ販売店の店主が着こなし方を教える文化があるそうです。
ただ日本にはないので、自分で調べるしかありません。
ここで紹介したポイントに気をつけて、ワンランク上のスーツスタイルを手に入れてくださいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.