腰パン 禁止 アメリカ

腰パン 禁止 アメリカ今アメリカで「腰パン」禁止する自治体が増えてるようです。
風紀乱すからっていうのが理由だそう。
ニュースで見た限りでは8センチずり下がってたら罰則あり。罰金最大2万円&社会奉仕40時間が課されるそうな。(自治体によって差があります)
アメリカではこんな法令が制定されるほど腰パンな人が多いんでしょうね。
以前はダメージジーンズに関する法令もできそうだったそうですから面白い国です。

そもそも腰パンの発祥が刑務所からっていうのもイメージが悪いですね。ベルトを悪用されるといけないから、ということで取り上げられ腰履きするしかなった結果だそうです。

日本では以前ほど下着が見えるような腰パンスタイルを見かけませんが、お兄系のネット通販サイトを見るとたまにずり下げたスタイルがあります。
腰パンってたしかにだらしない感じです。
当サイトではキレイめスタイルメインで紹介していますのでおすすめしません。

とはいってもファッションは自己表現の手段。
腰パンスタイルを貫くメリットはほぼ無い状況ですが、好きならすればいいと思います。

ただするとしてもせいぜい学生までかな、とも。
なにより男の下着を見て喜ぶ人より不快になる人のほうが圧倒的に多いでしょう。
その点を考えられない人、とのレッテルを貼られるのは仕方ありません。
社会人になってそれでは常識を疑われますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.