服の保管方法 クリーニング後・ヴィンテージもの・ハンガー保管の注意点

服の保管方法

服の保管方法にはいくつかの注意点がありますが、きちんとしまっておくことでお気に入りの服たちが長く着られるようになります。

そこで服の保管方法の注意点を解説していきます。

服の保管時に注意したいポイント

保管場所の湿気を防ごう

基本的には、衣類は湿気を嫌いますのでクローゼットの中の湿気を防ぐ事はとても大切です。かびやすいエリアですので、乾燥する機能のあるアイテムを投入したり定期的に扇風機を回すことや除湿器をかけるのが良いでしょう。それを怠ると、カビが生えたり虫食いが起こるケースがありますので注意が必要です。

クリーニング代はケチらない

クリーニングに出すときには、ヴィンテージの服など繊細なものはランクが上のコースを選ぶのが安心できます。通常タイプよりも料金は高くなりますが、その分スパンコールやシルクなど薄手で繊細な素材を使っているものでもきちんと丁寧にケアをしてもらうことが可能です。ただし、クリーニング店では、場合によってはあまり高級なものだと取り扱いがないところもあります。

高級品を扱うクリーニング店がおすすめ

ブランド品などを多く取り扱うお店では、ヴィンテージなどの扱いにも慣れていますのでクリーニング店選びでも仕上がりは変わってきます。洋服は、しまっておく距離が狭いと湿気がたまりやすくなりますのである程度余裕をもってかけておくことがお勧めです。

重さや素材によってハンガー保管は避ける

服のハンガー保管

保管するときには、ハンガーにかけても大丈夫なものとそうでないものがあります。例えば、重量があって素材がニットもアイテムは重みで段々長さが増えてしまう可能性があるのでたたむか、何本かのハンガーを使って一か所にテンションがかからないようなしまい方をするのが良いでしょう。ジャケットなどは型崩れを防ぐためにジャケット専用の厚みのあるハンガーを使うのがお勧めですが、ニット類はたためる者はたたんでおいたほうが伸びたり跡がつくことがないのでその方が良いでしょう。

防虫対策は絶対に忘れない

基本的に、クローゼットやタンスでも防虫対策はきちんとしておくことが大切な衣類を守るポイントです。ホームセンターなどで販売されているにおいがつかないタイプなら、気にせずに使うことができます。衣類を補完するときには、湿度と虫の対策を行うことが重要ですのでそれはヴィンテージであっても現代の物でも変わりはありません。

また、最近はほこりだけでなく虫を防いでくれるカバーが販売されていますので、大切なブラウスやジャケットにほこりがついたりカビたり虫がつかないように、あらかじめカバーをかけておくと良いでしょう。

服を預かってくれるサービスを利用するのも1つの方法です

自宅の環境があまりよくないという場合には、最近は責任をもって良い環境で保管してくれるクリーニングサービスを行っているところもあります。

洗濯をしてきれいにした後は、湿度や温度などが一定に保たれた最適な環境で服を守ってくれる倉庫で数か月保管できるサービスは、大切なアイテムを虫やカビから守ってくれるのがメリットです。夏場など湿度の高い時期は、自宅のクローゼットでもカビが生えてしまったりすることは良くありますからね。

ヴィンテージものは預かってもらう方が安心

ヴィンテージ服の保管

そういう悩みを解消するなら、クリーニング店でプロの保管を利用するというのも一つの方法です。自宅ではなく手プロが保管するので一つ一つに最適なやり方で保管してもらえるメリットがあります。ヴィンテージのものは、世の中に同じものが二つはない貴重なものも少なくありません。

大切な品物を長く使うためには、プロに依頼をしてきちんとした環境を整えるというのもお勧めです。実際、カシミヤや上質なウールなどは虫にも好まれるため穴が開きやすいというのが実情です。大切なカシミヤのニットを長く着るためには、害虫対策を欠かすことはできません。

ヴィンテージのアイテムは、ニットやシルク素材など贅沢なものが多いですのでその分扱いはとても繊細に行う必要があります。カバーをかけるのはもちろんのこと、環境を整えることも重要ですので、使わない季節にはプロに依頼して思い切って預けてみるのがおすすめです。

例えば、厚手のコートは夏場は使いませんので高温多湿のかびやすいシーズンにはクリーニング店に預けて快適な環境に置いておいてもらうのが良いでしょう。そうすることで、洋服の保管方法に悩む必要もありませんし、一つ一つにカバーをする必要もありません。

洗濯のサービスを利用してそのまま数か月保管してもらうだけですし、まとめて預ければ料金もリーズナブルです。長くお気に入りの製品を楽しむためには、保管方法はとても大切になってきます。一度シミやカビがついてしまうと、当初の風合いを損ねることも出てくるので注意が必要です。

クリーニングから戻ってきたときのハンガーはすぐ変える

お店から戻ってきたときのハンガーは、針金を使ったものになりますので必要に応じて厚みのあるタイプに変更するのも良いでしょう。しわの付きにくいニットなどは、可能であれば防虫剤をつかってたたんでおくと奇麗に保管できます。季節ごとに害虫の対策や湿気を防ぐのは衣類を長持ちさせるポイントですので、虫の付きにくい環境を整えることはお洒落をするための重視したいプロセスです。信頼できるショップを見つけるのも、大切と言えるでしょう。

まとめ

服の状態を保つために気を付けたい保管方法について紹介しました。

本当に大切な服は、クリーニング代や管理サービスなどをケチらないほうがいいですね。

ただ、自宅で保管するなら、クリーニングに出した後で防虫対策は忘れずにしつつ、素材に応じた保管の仕方を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です