tシャツ 洗い方

Tシャツ洗い方
よれよれのTシャツほど不潔っぽく見えるものはありません。
そこでTシャツを長持ちさせるコツをご紹介。

ちょっと一手間かけてあげるだけで、お気に入りTシャツをぐっと長持ちさせることができます。
ぜひ実践してみてください。

Tシャツの黄ばみに最適な洗剤の選び方

洗剤と漂白剤を上手に組み合わせて黄ばみ対策を。
洗剤は基本的に液体より粉末タイプの方が洗浄力が強くなっています。
しかし、固形のためTシャツを傷つけてしまうことも。
タグに書いてある素材に応じて使い分けする必要があります。

綿・ポリエステルなど比較的強い素材・・・粉末洗剤+酵素系粉末漂白剤
綿・ポリエステル(色付き)・・・・・・・中性液体洗剤+酵素系粉末漂白剤
色柄もの、ウール・シルクなど・・・・・・中性液体洗剤+酵素系液体漂白剤

Tシャツの黄ばみを落とす洗い方

普通に選択するだけではまず落ちません。
こちらも素材に応じて一手間かけて洗う必要があります。

その1・・・白ものなら40~50度、それ以外は30~40度のお湯を用意
その2・・・上で紹介した素材ごとに最適な洗剤を選ぶ
その3・・・洗剤と漂白剤を入れてしっかり溶かす
その4・・・20,30分ほど漬け込む(汚れがひどいなら1時間くらい)
その5・・・それでも落ちないなら10倍に薄めたクエン酸を入れる
その6・・・その後洗濯機で普通に洗い完了

Tシャツの保管方法

きれいに洗い終わったら今度は保管についてです。
ここでは黄ばまない防虫剤の使い方をご紹介。

ポイント1・・・2種類の防虫剤を使わない
ポイント2・・・防虫剤の種類を変えるならしっかり換気してからにする
ポイント3・・・成分が下に降りていくため、積み重ねたTシャツの上に置く

 

いかがでしたでしょうか。
女子ウケする服に清潔感は必須です。
そのためには手入れと保管も大事なポイント。
お気に入りTシャツを長く愛用するためにも、正しい洗い方と保管方法を実践して大事に扱っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.